全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
UFOキャッチャー
2007 / 10 / 31 ( Wed )
今のウェブ社会は「UFOキャッチャー」のようなものだと、今日買った本の中で言われていて確かにそうだなぁと思いました。
つまり筐体がネット社会で、景品がそこに散在する情報、そしてアームが検索エンジンという構図です。
これからのウェブ社会では、アームの性能向上を目標とした研究開発が進められることでしょう。情報量が増え、地球上全てとは言わないまでも多くの情報が検索エンジンで拾える今のウェブ社会はプレイヤー、つまりネットを使う我々のアーム制御スキル、検索能力に頼っているからです。

確かにGoogleや他社のエンジンには優れたものもあります。例えばGoogleが検索結果として持ってくるランキングには、被リンク数という基準(私はこれだけでは無いと思っていますが、Google側は検索エンジンの一切を公開していないので不明です)があり、上位のサイトの方がリンク数が多い=信頼されているというように、情報を直接見て評価しなくとも、検索エンジンから返ってくる結果だけで信頼度がある程度判断できるようになっているのです。
しかし、これは本来のアームの役割を超えた機能ですよね。
ウェブ社会に必要なアームとは、自分が必要な情報を確実に拾ってくること。極端な話で言えば、情報の信頼度ではなく検索の精度ということになります。
では情報の信頼度とはどのような基準で測定されるのか?その尺度は一応存在しますが、それを測定するには人の手が必要です。日々増え続ける膨大なウェブサイトの信頼度を全て測定し、データベース化した上で検索エンジンを搭載すればこれに勝るものはありませんが、そんなものは現実的に考えて無理です。
そこでGoogleは「他のサイトからリンクされているサイトほど信頼されている」という考えの基、それを信頼度の尺度として検索結果に反映させてきました。これなら人の手を使わずともロボット検索で事足ります。
ですが、このロボット検索でも自分が欲しい情報が的確に結果として返ってくるかというと、?ですよね。
この?をなくすことが検索エンジンの究極形であると思います。

ではその検索エンジンとは現実的に可能なのか?ですが、無理ではないとしか言いようがありません。365日24時間、ウェブサイトを人の手で測定して片っ端からデータベース化していったとしても、途方もない時間がかかってしまいます。
しかし、個人にとって有用な情報というのは大抵誰にでも有用なものなの。
「『みんなの意見』は案外正しい」というのはWeb2.0を象徴する集合知の考え方ですが、これを基本としてデータベースを構築し、エンジンを搭載すれば「大体誰にでも有用な情報」を検索することができるようになるはずです。
その範囲をどうするかっていうのはまた別の話なんですけども、実際に誰にでもマッチする情報を検索するエンジンというのは、世界中に散在する情報からではなく選ばれた上位のサイト、Googleで言えば検索結果の1ページ目に表示されるような優良サイトだけがデータベースに収録されているような検索エンジンということになってしまいます。

でもそれじゃ面白くないですよね。確かに効率的ではあるけれど。
上の検索エンジンと、今の検索エンジンの関係はAmazonで本を買うのと、本屋でブラウジングするのに似ています。
的確な情報には辿り付けるけど、その過程で寄り道はできない。
Amazonで本を買うときって「何を買おうかな?」って考える人はそういないですよね。大抵は買う本が決まっていて、それを検索してカートに入れます。的確に情報を得るとはそういうことです。
では本屋ではどうでしょうか。気になる本があるから買いに行こうと入って、真っ直ぐそれだけを買って帰るってありますか?まぁこれは個人差があるのでなんとも言えませんが、あれだけ大量の本があったら「もっと他に面白そうなものはないかな?」って探しますよね。現在の検索エンジンで結果として返ってくるのはそういう情報達なんです。
1番目はこんなサイトだった、じゃあ2番目はどうだろう?っていうのがネットサーフィン、ウェブブラウジングという行為なわけです。
どちらがより面白そうですか?もちろん、後者ですよね。

ただこの2つにはそれぞれ利点と欠点があります。それを補いあうような2つの形なのです。
前者、Amazon型のエンジンには寄り道する道がないということ、上位の優良サイトしか検索できないことが欠点として挙げられますが、情報収集に時間をかけずに済むこと、ある程度信頼度が保障されたサイトだけが結果として返ってくるためウェブサイト評価の時間が短縮され、評価能力がなくとも的確に情報を得られること。何と言ってもこちらは時間という利点があります。
次に本屋型のエンジンには、検索者の能力に依存し、ノイズが多い、そのため情報に辿りつくまでに時間がかかるということが欠点として挙げられます。利点としては、寄り道する道があること、上位の優良サイト以外も検索が可能であるということですね。
上は雑誌記事や論文を検索する商業データベース、下は一般的な検索エンジンというように考えられるかもしれません。
この2つの決定的な違いは、データベースに搭載されているエンジンか、日々増え続ける情報を片っ端から登録していくエンジンかということです。
前者は箱の中を、後者は箱より外を探すことを目的としているわけです。
Googleで検索できない情報は存在しないのと同義と言いますが、その信頼度を測定する尺度については未だ疑問視されていますし、本当にGoogleが世界中の情報を収集できているかというと必ずしもそうとはいえません。現にmixiの中の記事は検索できませんよね?でも情報はそこに存在している。これは、どうなんでしょう?って話です。

ですから、検索エンジン側がいくら高性能になってもそれは人間の手による進化でしか為し得ないということなんです。
私がこのUFOキャッチャーの喩えが秀逸だと思ったのは、検索エンジンには「手に入れたいと思う情報を手に入れられないもどかしさがある」と考えていたからです。UFOキャッチャーなんてそうそう取れるものではありませんし、簡単だったらお店は潰れますからアームの力は弱くして当然なわけです。
でもそれを腕で補って景品を手に入れることが出来る人もいますよね?今の検索エンジンにはその腕、つまり検索能力が必要不可欠。
ある特定の語について調べるのならまだ簡単ですが、様々な条件を付加しての検索となるとちょっと厄介です。
それをシステム側で補おうとすると、非常におせっかいなシステムになってしまい、逆に能力がある人が検索する際わずらわしいことこの上ありません。
なので万人に共通して当てはまる検索エンジンを開発することは、無理ではないとだけしか言えないと思うのです。

そこで出てくるのがマントゥマンなのですが、今日は長くなったのでまたの機会に。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 58 : 13 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
辛いのはダメ
2007 / 10 / 24 ( Wed )
思考エンジンの燃料というのは案外いい加減なもので。
車のエンジンみたいにちゃんと決められた燃料を入れなきゃいけないってわけじゃない。
ただ、燃料ごとに性能が著しく変わってしまう。
エロに直結するハイオクなら物凄い性能を発揮するし、自分が勉強する分野のレギュラーでも普通に回る。やらなきゃいけない考えなきゃいけない軽油でも、まぁそれなりには動く。
それ以外でもくだらないサラダ油やらラー油でさえ時には物凄い性能を引き出せる。
とにかく油なら、燃えるものなら何でも回るのが思考エンジン。
でもタバスコはダメだった。全然回らない。嫌いなものを入れると回らない。
それでも無理やり回したら、ついには動かなくなってしまった。
レギュラーはもちろんハイオクですら回らない。
いったん洗い流してクリアにしないと…。
そのための水って一体何なんだろう。人なのか物なのか時間なのか。
バラして組み直すことができればいいんだけど、実体のない想像上のブラックボックスなんてバラせるはずもなく。
バラしたところで組みなおせるかも分からないし。
誰かいいエンジニアを紹介して欲しいものです。



ま、変な話はこの辺にして。
※基本的にここでは変な話しかしてないので気にしたら負けです。


最近めっきり寒くなってきたので服を買いに行こうと思っているんですが、今更Gジャンを買うかそれとも先行投資でコートを買うか悩んでいます。
襟と袖口が和柄なのよねー。欲しい…。
でもそれを買うと冬は凍えるハメに…。いや、きっと来月はまだそれで耐えられるはずだ!!
コートはまだ早い!!来月の給料で買えばいいよね!!

いい…よねぇ?

_____________________________________________________________

15 : 47 : 17 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
特技は脚とありますが?
2007 / 10 / 17 ( Wed )
えふしぃ「はい、脚です」

面接官「脚とはなんですか?」

えふしぃ「体の一部です」

面接官「そんなことはわかっています。そもそもその特技は当社にとってどのようなメリットがあると考えますか?」

えふしぃ「何時間でも眺めることができます」

面接官「当社にそんな暇な時間はありません。第一人の脚を眺めるのは変態ですよね?」

えふしぃ「…どうやら怒らせちまったようだな」

面接官「は?」

えふしぃ「ここで何時間でも脚を眺めるぞ!!」

面接官「どうぞ、それで気が済むなら眺めてください」

えふしぃ「残念だったな、ここには好みの脚がないようだ」



喫煙所から道行く人の脚を眺めるのが日課です。どうもこんにちは。
前回の性癖日記に4つも拍手がついてて驚きなのですが、賛同くださってありがとうございます。というわけで今日も性癖日記です。
自他共に認める脚フェチの私ですが、最近寒くなってきたにも関わらずまだ短いパンツだったりミニスカだったりするのは何ででしょうか。
夏場はいいですよ。でももう秋から冬になろうとしてるこの時期にまだ脚を見せたいのかとね。いや、そりゃ見たいですけども。
でも意外と細い脚には惹かれなかったりするのね。
脚フェチの人に聞けば皆が皆同じこと言うと思うんだけど、細すぎるのはダメなのよ。
なんていうかね、健康的でないの。細すぎると。
だから太さは適度にあった方がいい。
ちょっと太い方がエロいのよ、脚は。

例えばタイツとか履いてるとさ、脚曲げたときにその部分が伸びるじゃない?タイツって薄い素材だから伸びると色も薄くなるわけよ。それがもうね、いいね。エロの極みだね。
しかもこの伸びるっていうのは曲げたときじゃなくても起きる現象で、ふくらはぎとかちょっと盛り上がってるところの生地はよく薄くなってる。細い脚ではそんなこと起きない!!だから細すぎちゃダメなの!!
あとは生脚でもさ、細いと何か迫力がないのよ。脚が迫る感じが足らない。全然物足らない!!
だから、そんな理想的な脚を求めて今日も喫煙所から眺めるわけです。いつか捕まるかもしれません^^;;;

でもね、脚だけは2次元じゃ満足できないのよ…残念ながら。
2次元って立体的に書いてもやっぱり紙上のものだからさ、迫ってこないわけ。どれだけ奥行きを描き込んであったとしても、リアルに目にする脚には到底及ばない。危機感がない。
脚というのは、まだまだ露出に抵抗がない部分だから皆平気で出すのよ。そこにフェチを見出した私達はもうこの時点で勝ち組なわけだけど、これがもし近い将来に「脚を出すなんてみっともない!!」なんて世間になったら!!
まぁ今でも見せてるから見ていいってわけじゃなくて、当然凝視したら殴られる刺されるは覚悟しなきゃいけない。
そんな危機感2次元にはないの!!
脚を見る高揚感だけは3次元にしかないの!!

スカートから伸びる脚、パンツから伸びる脚、ジーンズに隠れる脚、長い長いスカートに隠された脚、タイツの脚、ハイソの脚、ニーソの脚、組んだ脚、歩く膝裏、しゃがむ脚…。
とにかく脚が大好きなんです。
足でもあしでもなく脚が好き。
近い将来、脚が見れなくなるその時まで私は眺めることにします。
それが脚フェチとしての使命なんです。
これが私の生きがいなんです!!

面接官「帰れよ」

_____________________________________________________________

21 : 29 : 21 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
始めちまった
2007 / 10 / 08 ( Mon )
俺の名はロックオォンストラトス!!よろしくな!!
セツナ!お前のハートにロックオン!!
…やっぱロックオンのポーズがないと面白くないな。

というわけでガンダムOOが始まりましたね。
放送前からバイト先ではロックオンブームでしたが、始まってしまったら毎朝の挨拶がロックオン!になりました。
まだ1話しかやってないのにwwwwwwww

どこかの種子的なガンダムよりは遥かに面白そうです。ロックオンが最高すぎる。だってロックオンだぜ?それで狙撃手とかどうよ?
あとはまぁまたキャラで申し訳ないんだけど、留美が性的すぎる。
コレ見ても分かる通り、とてつもなく性的です。
普段はナイチチ派な私ですが、そこはそれ。性的なチャイナ娘は例外的に好きなんですよ。あの団子と長い三つ編み、そしてチャイナドレス!この組み合わせならナイチチじゃなくても好物なのです。
それにあの衣装背中開きすぎ…。言動も性的なのでこれからに期待です。(同人誌的な意味で)

さて、来週からのOOですけども。
今後の展開として、やっぱり途中で誰か死ななきゃいけないと思うんですよ。

(第一期後半)
後方支援をしていたロックオンがやられて3人に。リーダー的な存在だったロックオンを失ったことによって3人の結束は次第に崩れていく…。
そんなとき現れたのはロックオンの弟であるロックオフ。
欠番のガンダム4号機に乗って現れた彼は初めこそ3人に拒絶されるものの、なんとなくそんな感じで再びCBのガンダムマイスターとしての絆が芽生える。
絆の力で4機が合体し、ダブルオーガンダムに!!鬼神のごとき圧倒的な力で敵をねじ伏せ、一時は勝利を得たかに思えたが…。

(第二期前半)
新たな敵の出現にCBにもピンチが訪れる。
ダブルオーガンダムで出撃する4人のマイスターだったが、合体を解かれ絶体絶命!!
その時後方から伸びる一筋の光!あれは!あれはロックオンの駆るデュナメスの光!!
先の戦闘により片腕を失った戦士ロックオンは辺境の地に逃れ、破壊されたデュナメスを基にデュナメス改を建造したのだった。片腕でも操縦できるそれは、正にロックオンの腕であるかのように華麗に舞う!
「セツナ!遅くなってすまない。だが今は言い訳する暇も無さそうだな…とにかくヤツらを片付けるぞ!!合体だ!!」
その時5機のガンダムが合体し、アルティメットダブルオーが誕生する!!

次回!ガンダムOO第24話「誕生!アルティメットダブルオー!!」

次週もOOにロックオン!!

_____________________________________________________________

21 : 26 : 07 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千枚の葉
2007 / 10 / 04 ( Thu )
フリルを重ねたヒラヒラのスカートをめくるときの感覚は、ミルフィーユを前にしていかに食べるかという高揚感に似た感覚である。

あの、なんていうの。生地がなるべくこぼれないように食べようと思うんだけど結局パリパリっと離れて皿に落としてしまう感じ。層を割ってパラパラとする感じがフリルのスカートをめくる感覚に似てるなって思ったんです。うん、誰もついてこれないね
とかなんとか、今日の朝目の前を歩くスカートを見て思いました。スカートじゃないですね、人ですよね。
こんなこと書くと日常的にスカートをめくることばっかり考えて生きてるんじゃないかと誤解されそうですが、それは誤解ではないので放っておくことにします。
で、フリルはミルフィーユとして他のスカートはどうなんだっていう話なんですけど、以下に考察の一部を挙げておきます。

フレアスカートをめくる気持ち。
これはね、クッキー的な何かだと思うんだ。ビスケットじゃなくてクッキーね、あの意外としっとりしてる感じが、意外とって感じがフレアをめくる感覚に似てると思う。あと飾り気とか見た目の派手さがないよね、クッキーて。それでも甘い。フレアスカートは、めくること自体に派手さはないけどでも甘いっていう感じじゃないかなぁ。

次にお待ちかねのプリーツスカートね。タイトとかはめくると意味が違ってくるので除外です。またプリーツも段によって異なりますがここでは一般的なプリーツスカートについて取り上げます。24段プリーツがどうのとか聞きたくないでしょ?
プリーツはなんといってもあれだね、制服っぽさが売りだよね。着せられてる感覚、でもそれを一瞬剥ぐのがめくるという行為です。めくる方もめくられる方も抑えられた感情を一瞬、そのめくりめくられる一瞬に取っ払うのね。
あとはなんといってもあのプリーツ。規則正しく畳まれたその1本1本の段、それを重ねて初めてプリーツが生まれる。そう!プリーツを構成しているのは1から10まで規則、すなわちルールなのです!そのルールを破って乱れるプリーツ!規則正しく美しく並んでいたルールを突き破る感覚、これは洋菓子和菓子ともに言えることなので難しいのですが、私の感覚としては切り分けられたホールケーキであるように思います。初めは整然と並べられ、完全な円を描いていたそのホールケーキが切り分けられた瞬間、その瞬間からそれは不完全な1ピースになる。この型から外れる感覚、円という枠から外される感覚がプリーツスカートをめくる感覚だと思います。
日ごろからプリーツスカートに並々ならぬ感情を抱いている私ですが、今日のこの考察で新しい何かに気づけたようです。
つまり、プリーツスカートとは定められた制服という抑止の象徴であり、それを構成する1つ1つの段も規則正しく折り目をつけることでルールを形成している、つまり2重の枷がはめられたスカートであるということです。
この枷を外す"めくる"という行為はつまり解放の光であり、救いの手なのです。皆さんさぁ手を取り合って。
めくりましょう!!プリーツスカートをめくりましょう!!

さぁ遠慮なさらず、ご一緒に。

めくりましょう!!プリーツスカートをめくりましょう!!

_____________________________________________________________

00 : 18 : 49 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。