全件表示TopRSSAdmin
information


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
もう一度チャンスを
2007 / 11 / 06 ( Tue )
あんまりにも記事を書かないのもどうかと思うので、今日は昔話でもひとつ。
といっても古典ではなく、私自身の昔話です。
最近BSで山崎正義のライブを見まして。そんなことから色々思い出したことを書いていこうかなと。

山崎正義と言えば、私が音楽というものを意識するようになったきっかけのアーティストです。いきなり敷居の高い(技術的な意味で)人を選んだ人だと今でも思うのですが、決して悪いことではありませんでした。
彼との最初の出会いは、中学2年かそこらの頃。従姉妹の結婚披露宴でその兄、まぁこれも従兄弟なんですが、彼が演奏したOne more time One more chanceでした。
その頃の私は特に好み無く音楽を聴いていたんです。というより、もうその時には世間は音楽に溢れていて、知らなくとも音楽が流れてくる時代でしたから、特に好みが無くても音楽というものが聴けたんですね。
そんな、音楽に関しては一般人だった私に衝撃を与えたのがこの曲でした。
披露宴なんてそう何度も同じ曲を演奏するわけではありませんし、他の親類の方も何かしら披露したりしたんでしょうが、不思議なことにその場面だけが鮮明に記憶として残っているのです。
今思えば結婚披露宴で演奏するような歌じゃないな、とも思うのですが…。まぁ歌詞の解釈については個々人に任せるとして話を進めます。

私は披露宴から帰ってすぐ、この曲を探しました。そして改めて曲を聴き、山崎正義という人を知ったのです。ライブの映像等も探し、この曲の部分を繰り返し見ました。それほどまでにこの曲が好きだったのです。
そしてこの曲とそれを歌う山崎正義という人に惹かれ、私は音楽の勉強を始めました。丁度HPを始めた時期でもありましたが、まぁそれは関係ないです。中2ってやっぱり色々あるんだなくらいに思ってください。
ですがその頃はまだ検索技術も高くなく、この曲のタブ譜やコード譜などが手に入らなかったため歌だけを練習していた覚えがあります。
もうその頃から、歌うことを練習していたんですね。やっぱり中2には色々あるんです。
カラオケでは滅多に歌うことのないこの曲ですが、それは私の中で「やたらめったら歌う曲じゃない」という意識があるからなのでしょう。
もちろん、当時はその歌詞の意味すらよくわかっていませんでした。
想像はできるけれど実感が伴わなかったのです。
きっとこういうことだろうという思いで練習していました。

それが理解できるようになったのは高校に入って初めて失恋したときでした。
もちろん、失恋以外の解釈もできるのですが(むしろそっちがメインかもしれません)当時の私にはそういう歌だとしか思えなかったのです。
この前後にも1度歌った覚えがありますが定かではありません。
恋をすると結果的にトラウマが増えるだけという忌まわしい体質の私ですが、この曲はそれを抜きにしても良い曲です。つまり失恋ソングとしてだけではない価値があるということです。
出会いと別れの歌は幾千万とありますが、One more time~にはそれらにはない何か不可思議な魅力があるのです。
それが詞なのか曲なのかは分かりません。第一印象が強烈すぎたからなのかもしれませんし、感覚的な何かがあるのかもしれません。
人気の理由について山崎正義本人は「情景が想像できる歌詞」だと言っていました。だから余計に大切に歌うのだと。
私は別にこの曲を作ったわけではないのでどうこう言える立場ではないのですが、やはりこの曲を歌うときにはそれなりの気持ちがないと歌えません。ただ何となく知っているからで歌える曲ではないのです。

そんな思い入れのある曲を演奏したいと常に思ってきたのですが、意外と難しいのよね…。しかも家にはアコースティックギターがない。
エレキでっていうのも新しいけど…いまいち。
とにかく素敵な曲なので聴いてみてください。と言ってももう聴いたことがない人なんて居ないと思いますけどね…。
有名な曲ですから。

今日は昔話なのでオチなし。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

23 : 23 : 02 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<卒論は1年 | ホーム | UFOキャッチャー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://avaris.blog59.fc2.com/tb.php/585-46e35965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。